中性脂肪の値が高いと言われたら

健康診断の時に、『中性脂肪が高い』と言われると、ドキッとしますよね。

 

中性脂肪(ちゅうせいしぼう)とは、本来、人間の体を動かすエネルギー源となる脂肪酸のグリセリンエステル(グリセリン脂肪酸エステル)のことです。

 

グリセリン脂肪酸エステルには、いくつか種類がありますが、人間の血液中にあるのは、ほとんどがトリグリセリドです。トリグリセリドは、トリアシルグリセロールまたはトリグリセライドとも呼ばれます。

 

トリグリセリドは、TGとかTAG、Trigと略されるので、健康診断票の中では、TG(TAG/Trig)の値が『中性脂肪の値』となります。最近では、『中性脂肪』と漢字で書かれることも多く見られます。

 

中性脂肪

食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り身体の生命維持活動に活用されますが、使い切れない余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

 

体のぶよぶよっとした贅肉、皮下脂肪が中性脂肪です。

 

中性脂肪は生きていくために必要なエネルギー源なので、中性脂肪イコール悪者では無いということには注意が必要です。

 

 

でも、血液中の中性脂肪値が高すぎると「脂質異常症」という状態になり、全身の血管の動脈硬化が進む原因となります。

 

このため、健康診断の時などに定期的に中性脂肪の値をチェックして、正常な数値の範囲内に収まっているのか、確認するのです。

 

中性脂肪の値はどこからが異常値?

血液中の脂肪値が高い状態を『脂質異常症(高脂血症)』と呼びますが、脂質異常症にかかわる成分は、中性脂肪とコレステロールです。

 

コレステロールは、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと、善玉と呼ばれるHDLコレステロールの二種類があります。中性脂肪と2種類のコレステロール、それぞれの基準値は次の通りです。

 

脂質異常症(高脂血症)の診断基準

中性脂肪値 150mg/dl以上
LDL(悪玉)コレステロール値 140mg/dl以上
HDL(善玉)コレステロール値 40mg/dl未満

 

メタボリックシンドロームの診断基準

中性脂肪値 150mg/dl以上
LDL(悪玉)コレステロール値 診断基準外
HDL(善玉)コレステロール値 40mg/dl未満

 

メタボ診断の際に、LDL(悪玉)コレステロール値が診断基準外となるのは意外に感じるかも知れませんが、これは、内臓脂肪に蓄積される脂質は主に中性脂肪で、その影響で、LDL(悪玉)コレステロール値が低くなりやすいためです。

 

結果的に、LDL(悪玉)コレステロールは内臓脂肪の蓄積とはあまり関係していません。

 

中性脂肪値の適正範囲

29mg/dl以下 低中性脂肪血症
30mg/dl〜149mg/dl 正常
150mg/dl〜299mg/dl 軽度高中性脂肪血症
300mg/dl〜749mg/dl 中度高中性脂肪血症
750mg/dl以上 高度高中性脂肪血症

 

中性脂肪の値が基準値より少し上回る程度なら、サプリメントや食事療法、運動療法などによって改善することが可能です。比較的早期に改善できる可能性があるのは、この領域です。

 

おおよそ総コレステロール値が220〜250mg/dl、中性脂肪200〜300mg/dl以上あたりが、薬による治療を開始する目安となります。500mg/dl以上の人は禁酒の必要も生じます。

 

健康診断を受けて、即治療が必要と医師から言われた方は、医師の指導に従って対策を進めてください。

 

(出典)厚生労働省e-ヘルスネット『脂質異常症

 

中性脂肪を下げるには

中性脂肪を下げる対策は、基本的に4つの方法に分かれます。重要度が高い順に紹介します。

 

食生活の改善(食事療法)

食事療法

中性脂肪が高くなってしまった大きな原因は食生活にありますので、食生活を改善することは、中性脂肪を下げるための最重要事項です。大食いや油分、糖質の摂りすぎに注意して、野菜中心のバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

お酒の量を減らす(止める)

お酒の量を減らす

食事療法の一つですが、中性脂肪を下げるには、アルコールを摂らないこと、飲酒を止めることは非常に大きな効果があります。中性脂肪が気になるなら、最低でもアルコールの量を減らす努力はした方が良いです。

 

適度な運動を行う

適度な運動

中性脂肪を下げるには、毎日続けられる程度の、適度な運動を行うことも重要です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が適していて、毎日継続すると、とても効果的です。食事療法と運動療法は、中性脂肪を下げるための基本対策と考えておくと良いです。

 

サプリメントなどを活用する

サプリメント

中性脂肪を下げるには、食生活の改善は最重要事項、とは言っても、長年の食生活をすぐに変えることは中々難しい場合もあります。家族がいる場合、自分だけすぐに別の食事と言うのも大変かもしれません。

 

比較的すぐに対策を始めたいという場合は、サプリメントなどを活用することも考えましょう。

 

DHA・EPA、最近ではモノグルコシヘスペリジンなど、中性脂肪を下げるのに効果的な成分があります。食事だけで摂るのは、とても大変ですが、サプリメントなどを利用すると効果的に中性脂肪を下げる成分が摂取出来て便利です。

 

中性脂肪を下げるサプリメントを選ぶ時の注意点

中性脂肪を下げるのに効果的な成分としては、青魚に含まれるDHAEPAなどが有名です。最近では、モノグルコシヘスペリジン難消化性デキストリンなど、新しい有効成分も発見されています。

 

有効成分を摂取するかたちとしては、錠剤状のサプリメントから、青汁やお茶に有効成分を配合したものまで、さまざまなかたちのものが販売されています。

 

実験結果

中性脂肪を下げるサプリメントを選ぶ時には、摂取した結果どのぐらい中性脂肪が下がったのか、実験結果を公開している製品を選ぶことが重要です。

 

特に、DHAやEPAは、最近ではよく名前が知られた有効成分なので、ビフォー・アフターの実験結果を示さないで販売しているDHA・EPA配合サプリメントが非常に多いのです。

 

有効成分を摂る前と、摂った後で、中性脂肪値がどのぐらい変化したのか、実証実験の結果を公開している製品に絞って、中性脂肪を下げるサプリメント類を紹介します。

 

中性脂肪を下げるための製品比較表

中性脂肪の減少率が明記されている商品は決して多くはありません。
代表的な商品を比較して、一覧表を作成してみました。

 

項目 イマークS 血中中性脂肪が高めの方の緑茶 厳選青汁Premium
製品画像

イマークS

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

厳選青汁Premium

有効成分 DHA・EPA モノグルコシルヘスペリジン 難消化性デキストリン
中性脂肪減少率 35.3〜37.8mg/dl 22〜24mg/dl 7.9mg/dl
飲み方 健康飲料 緑茶 青汁
初回価格 1,000円/10本 3,040円/30袋 3,900円/20袋
2回目以降価格 5,000円/20本 3,040円/30袋 3,900円/20袋
継続時の1回あたり価格 250円 102円 195円
購入義務回数 無し(いつでも休止可能) 無し(いつでも休止可能) 無し(いつでも休止可能)
返品可能期間 7日以内 8日以内 明記無し
推奨利用期間 4週間以上 4週間以上 4週間以上
製造販売メーカー ニッスイ 大正製薬 日本サプリメントフーズ
公式サイト

イマークS

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

厳選青汁Premium

 

最も優れている項目にを付けていますが、傾向は明らかに読み取れます。

 

中性脂肪減少の効果が最も高いのは『イマークS』ですが、継続価格は一番高く250円/1本です。

 

中性脂肪の減少効果と価格とのバランスを取っているのが『血中中性脂肪が高めの方の緑茶』で、1番効果が高いわけでは無いけれど、継続価格は一番安い102円/1袋です。

 

こうした価格と効果のバランスも考慮して、中性脂肪を下げるための対策用品のランキングを作成しました。

 

中性脂肪を下げるための製品おすすめ2品

イマークS

イマークS

イマークSは、水産加工品で有名なニッスイが製造販売する、血中中性脂肪対策のドリンクです。

 

ヨーグルト風味で飲みやすい清涼飲料水で、消費者庁が許可する特定保健用食品(トクホ)の認定も受けています。

 

イマークSの有効成分は、EPAとDHAです。1本あたり、600mgのEPA、260mgのDHAを含み、血液中の中性脂肪を低下させる効果が大きいことが特徴です。

 

継続価格は若干高めの1本250円ですが、初回のお試しセットは10本1000円で用意されているので、試しやすいのも嬉しいところです。

 

とにかく中性脂肪を下げる効果重視!という方には『イマークS』をオススメします。

 

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

血中中性脂肪が高めの方の緑茶

血中中性脂肪が高めの方の緑茶は、大正製薬が製造販売する、血中中性脂肪対策の緑茶です。

 

緑茶ですから、年齢性別を問わずに誰でも飲みやすく、どんな食事にも合わせやすいものとなっています。

 

血中中性脂肪が高めの方の緑茶の有効成分は、モノグルコシルヘスペリジンで、脂肪酸の合成を抑えて、脂肪酸の分解を促進する働きをします。

 

中性脂肪を下げる効果としては、イマークSに僅かに及びませんが、継続価格は1袋当たり102円とコストパフォーマンスに非常に優れています。

 

コストパフォーマンスを重視する方には、『血中中性脂肪が高めの方の緑茶』がオススメです!

 

中性脂肪値を継続的に下げるためには

中性脂肪値を継続的に下げるためには、最終的には、食生活の改善は欠かせません。特に、アルコールの量を減らすことは必須となってきます。

 

食事療法を行うことは前提で、ここに適度な運動を毎日行うことが加わって、身体は徐々に健康な状態へと回復して行きます。

 

今回ご紹介した中性脂肪を下げるための製品は、どれも日本を代表する食品メーカーや製薬会社が製造販売するもので、効果も確かに認められた製品です。

 

それでも、中性脂肪を下げるためには、食事療法と運動療法が2つの柱となり、暴飲暴食を繰り返す状況ではどんな対策も効果が無いということは認識しておきましょう。

 

日々の努力は前提として、でも、野菜中心の食事を毎日とるのは難しいかも知れない。適度な運動を毎日行うのは難しいかも知れない。そういう時には、

 

中性脂肪を下げる効果を補うものとして、『イマークS』や『血中中性脂肪が高めの方の緑茶』を活用していくことをオススメします!